MENU

歯科用CT診断で安心・安全にインプラント

CT撮影によりお口の状態を3次元で把握し、安全な治療へ

 

 

通常はレントゲン撮影による審査を行い、治療計画を決定します。しかし、従来のレントゲンでは、骨の形や神経の走行など完璧に把握することができず、某テレビ局でも取り上げられましたが、インプラントの手術によるトラブルが多いのが実際のところです。
インプラントを安全かつ確実に行うためには、危険領域となる血管や神経の走行位置だったり、骨の幅や骨の質を正確に診査するためにCTによる精密な検査は必要不可欠です。

 


CTによる検査の結果、最終的な被せ物の装着時の理想的なポジションや不必要な骨移植の回避、さらに歯茎を切ることなく手術が可能かどうかの判断ができるため、理想的な治療計画を立てることができます。
インプラントオフィス浜松では、より安全・より安心・より手術の負担が少なくなるためにインプラント治療の前にCTデータをインプラント埋入のためのシュミレートソフトを使って患者さんの顎の状態、骨の質をしっかりと吟味をした上で、埋入するインプラントの長さ、径、角度などを決定していきます。このコンピューター上でのシュミレートによってインプラント治療は安全に行うことが可能になります。

 

 

SIMPLANT(シンプラント)

CT撮影したデータを再構築した3D画像により、多角的な測定や患者様の解剖学的な情報を考慮した正確なインプラント埋入計画ができます。

各国で多くの歯科医師が使用しているソフトウェアで各社のインプラントに対応。

 

 SIMPLANT Guide(サージカルガイド)

SIMPLANTの治療計画に基づいて、手術の際に使用するサージカルステントを光造形にて作成。緻密なインプラント埋入計画を確実に手術に反映させることが可能

SIMPLANT上で被せ物、インプラントの埋入位置をシュミレート。
その埋入位置に正確にインプラントを植立するために手術の時に使用するインプラントガイドを使用します。

全ての患者様にこのシュミレートが必要なわけではありませんが、神経の走行が近い時など、シビアなケースで使用します。

 

SIMPLANT上で被せ物、インプラントの埋入位置をシュミレート。

その埋入位置に正確にインプラントを植立するために手術の時に使用するインプラントガイドを使用します。

 

 

全ての患者様にこのシュミレートが必要なわけではありませんが、神経の走行が近い時など、シビアなケースで使用します。

〒435-0052
静岡県浜松市東区天王町1981-3
イオン浜松市野ショッピングセンター1F

受付時間
10:00 - 12:30
14:30 - 20:00
最終受付 19:00
定休日
木曜日