MENU

インプラント治療の流れ

当院では、無料相談で治療内容や計画をお話しさせて頂きます。下記が治療までの流れとなります。

 

◆ステップ1 カウンセリング

最初に患者様とカウンセリングを行わせて頂きます。

インプラントは手術が必要になりますので、患者様との要望を時間をかけてお聞きした上でじっくりとカウンセリングを行っていきます。

治療へのご要望や疑問、ご不満、現状の問題は患者様1人1人異なっているため、できる限り患者様の声に耳を傾け、ニーズを詳細に把握するよう努力致します。その上で問題を解決する糸口を患者様と一緒に考えて参ります。

この際、治療にかかる費用、治療期間、メリット、デメリット等について詳しくお話しさせて頂きます。

まずはお気軽にご相談してください。

※カウンセリングは無料で行っております。

 

 

 

◆ステップ2 高度精密診断・精密治療計画

次に、X線写真撮影、CTなどの機器を用いて検査を行います。

手術の前に顎の状態を細部に渡って審査し、顎の骨にインプラントを埋入できるだけの量と厚みがあるかを調べていきます。同時に、骨の中には神経、太い血管が走行しているため、その位置を把握して参ります。

また、お口の中のかみ合わせの状態などの模型採取をさせて頂きます。

その情報を踏まえ、インプラントの埋入位置を綿密に検討し、埋入の位置、深さ、角度を決定していきます。

 

 

 

◆ステップ3 インプラント埋入手術

治療計画が決定すれば、インプラントの手術となります。

インプラントの手術の前には歯周病・虫歯の治療を完了させておく必要がありますので、必要な方は手術の前に歯周病・虫歯の治療を行います。

手術ができる状態になりましたら、歯がない部位にインプラントを埋め込む1次オペを行っていきます。

ご希望により、静脈内鎮静法という、うたた寝した状態を作ってから手術を行うことが可能です。内視鏡の検査などでも、この手法を用いている病院が非常に多いです。

オペ後のお痛みは個人差がありますが、ほとんど腫れと痛みはありません。

 

◆ステップ4 被せ物を装着

インプラントを埋入してから、インプラントと骨がくっつくのを2か月から3か月程度待った後に、土台をインプラントに固定し、被せ物の型取りをしていきます。

被せも物はおよそ2週間でできあがります。

 

 

 

◆ステップ5 メインテナンス

被せ物を装着し、問題ないことを確認した後はメインテナンスに入っていきます。

有名なインプラント周囲炎の研究家のCostaらは予防的なメインテナンスの有無によってインプラント周囲炎の発症率に差があるか5年間の追跡調査を行いました。

5年間全くメインテナンスを行わなかった群では明らかにインプラント周囲炎の発症率が高いと報告されています。

インプラントを長持ちさせたいのであれば、歯科医院にてメインテナンスを定期的に受ける必要があります。

 

 

〒435-0052
静岡県浜松市東区天王町1981-3
イオン浜松市野ショッピングセンター1F

受付時間
10:00 - 12:30
14:30 - 20:00
最終受付 19:00
定休日
木曜日