MENU

骨の薄い方・インプラントが無理と言われた方

インプラントオフィス浜松

インプラントオフィス浜松では、顎の骨が薄い場合でも骨造成することでインプラント治療が可能です。

骨が薄くインプラントが難しくても骨造成技術があるのでご安心ください。

インプラントは必要な骨の幅や高さが不足していると埋め込むことができない場合があります。このような場合、今まではインプラント治療が行えませんでした。 しかしながら、近年、GBR、べニアグラフト・ソケットリフト・サイナスリフトと言われる骨造成の技術により、骨が不足している方もインプラント治療が可能です。
実際、他院でインプラントができないと言われたケースでも当院では行うことができるケースに多々遭遇します。

 

 

代表的な骨造成術をご紹介をします。

サイナスリフト


鼻の横にある空間に骨を足し、インプラントを支える方法

黄色の矢印の部位にインプラントを打ちたいケースですが、骨が薄くいためこのままではインプラントができません。

オレンジの丸で囲った鼻の空洞に骨造成しました。
これでインプラントを打つことができます。

 

 

 

ソケットリフト


鼻の空間(副鼻腔)の底を持ち上げて骨造成をする方法

黄色い矢印の部位にインプラントを打ちたいケースですが骨が薄いためこのままではインプラントができません。オレンジの線が鼻とつながっている副鼻腔(上顎洞)の下のラインとなるのですが、インプラントの埋入の際にこの下のラインの粘膜を持ち上げます。

インプラント埋入後。オレンジの線(副鼻腔の下のライン)が持ち上がっており、同部にインプラントを埋入しています。

 

 

GBR(骨誘導再生法)


人工骨を移植し、半年前後かけて失った骨を取り戻します

 

他院で歯を抜く前にインプラントにしましょうと言われていましたが、抜いた後の骨幅がなくなってしまい、インプラントは無理だと言われ不信感を持ってセカンドオピニオンで当院に来られたケースです。
オレンジで書いたラインが現在の骨のライン。確かに骨の先端の骨がとがっていてインプラントを埋入する骨幅がありません。

 

人工骨を移植し、半年後です。しっかりと骨を再生することができ、インプラントを打つことができる土台ができました。

 

 

 

他院で治療できなくても、当院でインプラント治療を行えるケースは多い


インプラント浜松でインプラントを行えても、他院ではできないと言われてしまったという患者さんに非常に多く出会います。それだけ、骨が薄い方のインプラントは卓越した技術と経験が求められるのです。
それを自分に技術がないからと理由で、インプラントは無理ですと言う先生がたくさんいるのが実際の所です。
他院で断られたケースでも、インプラント治療を受け、美味しく食事できる可能性があります。
無料カウンセリングを行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

〒435-0052
静岡県浜松市東区天王町1981-3
イオン浜松市野ショッピングセンター1F

受付時間
10:00 - 12:30
14:30 - 20:00
最終受付 19:00
定休日
木曜日