MENU

うたた寝の間にインプラント

静脈内鎮静法は、寝ている間にできる手術方法です。

「うたた寝をしていたら手術が終わっていた。」

 


そんな方法があったら良いと思いませんか?

 

インプラントオフィス浜松では患者様の「手術が怖い・不安」という気持ちをどこまで安心して楽なものにできるかというのを重要な課題としております。

そこで、行っているのが静脈内鎮静法と言われる方法です。

静脈内鎮静法はウトウトとした半分寝ているような状態を作ることができるため、治療中のストレスを大幅に軽減できます。

 

 

静脈内鎮静法を用いてインプラント手術を受けた患者様は「気が付いたら手術が終わっていた」「手術が全く苦痛じゃなかった」などとおっしゃって頂いております。

さらに、全身麻酔のような身体への負担もありませんし、入院する必要もありません。
これまで手術が怖くあきらめていた方でも、静脈内鎮静法を用いた手術方法であれば怖くないと思いませんか?

 

 

静脈内鎮静法の流れ

インプラントオフィス浜松1.体調のチェック

静脈内鎮静法は歯科麻酔医によって行われます。まずは麻酔医からその日の体調に関しての質問があります。この際、不安なことはどんどん麻酔医に相談して下さい。

 

2.静脈内鎮静法開始

まずが血圧計や心電図などの手術中のお身体の状態がわかる生体モニターを使用する準備をします。治療中の体調管理に欠かせません。

 

3.点滴の開始

効果は早く、2~5分程度で意識がぼんやりとしていきます。個人差はありますが、眠ってしまう方もいらっしゃいます。静脈内鎮静法は鎮痛効果は十分ではないため、局所麻酔を併用します。この時、痛みや恐怖を感じることはありませんし、ほとんどの方が手術の内容を忘れてしまうくらいです。

効果が十分だと判断してからインプラント治療を行っていきます。手術が終わって、しばらくは眠気が残ったり体がふらふらすることがありますので、しばらく安静にして頂いてから帰宅して頂きます。

 

その後、車での運転は危険な可能性があるので、徒歩や公共機関にて来院して頂きますようお願い致しております。

このような流れで行っていきますが、患者様にとっては特に負担があるわけではない事がわかって頂けましたでしょうか?

 

 

静脈内鎮静をした方が良い方

これまでの経験で、歯医者が苦手で怖くて仕方ない方でも安全に、そして安心して治療を受けて頂くことが可能な方法です。

 


歯科恐怖症の方は意識がぼうっとした状態にすれば恐怖や不安をほとんど感じずに治療を受けることができます。

 

歯科治療中に具合が悪くなったり、吐き気や貧血になったことがある方にも適しています。

また、高血圧の方や心臓病などの疾患を抱えている方は治療中の体調の急変も考えられます。そのような時も、生体モニターにて全身の管理をしっかり行っておりますので、安全に治療を進めることが可能です。

 

 

このような深刻な症状がない方も、よりストレスなくリラックスした状態で治療を受けたい方。手術のことばかり考えてしまう、手術前の何日かは集中できないような方にお勧めの方法です。

 

 

静脈内鎮静法は麻酔が切れると手術のことは殆ど覚えていないため、治療に嫌気を感じることも少なくなります。
ですので、手術が怖くて、歯科医院にかかりたくても断念していた方に特にお勧めしております。

〒435-0052
静岡県浜松市東区天王町1981-3
イオン浜松市野ショッピングセンター1F

受付時間
10:00 - 12:30
14:30 - 20:00
最終受付 19:00
定休日
木曜日